会社とニュースの拾い物

話題になっているニュースや会社のできごとについて不定期に書きます

Kutooの運動について

ネットで見かけたkutooという運動について

女性がヒープ・パンプスを強制されることが性差別だとして改善を求める活動がネットで話題になっています。

#kutooというハッシュタグツイッターで広まっているらしいこの活動、私が男ということもあり実際のところがよくわかっていなかったものもあったので思うところをまとめてみたいと思います。

 

1.ヒールとパンプスは身体に悪いのか?

よくわかっていなかったのですが、ヒールはわかりやすく足に悪いのですが、パンプスも履き辛いと感じるもののようです。

パンプスについては、ヒールの高さが高いものから(これがハイヒール?)低いものまであり、革靴と同じほぼペッタンコというものもあるようです。

kutoo運動を提唱した女性は、アルバイトしていた葬儀場でヒールの高いパンプスを服務規程で強制されていたようで、kutoo運動で言うパンプスとはある程度ヒールの高さのあるパンプスを指すと思って良いかと思います。

確かにこれは足が痛くなるかも。

では、高さのないパンプスであれば良いのか?と思ったのですが、女性からするとそうではないようです。

「パンプスはヒールが低くても甲が出ていて足が固定されず、つま先が窮屈になるので足が痛い」ということのようです。

また、ちょっと履いて大丈夫というくらいではパンプスの辛さはわからない、パンプスを履いて1日働いてみないとその辛さは分からないというツイートがありました。

まぁ確かに男がパンプスを1日履いて仕事するということはまずないので、“体験していないものは本当の辛さがわからないだろう”論法だと、男にはパンプスの本当の辛さというのはまずわからないと思います。

 

2.ヒールとパンプスの強制は女性差別なのかドレスコードなのか

kutoo運動の提唱者のロジックは以下かと思います。

ヒール、パンプスは足に悪い→これが女性にのみ強制されるのは性差別である

これだけを見ると、なるほどその通りと思いますし、実際に健康に悪影響があるものが女性にのみ強制されるのであればそれは性別的な差別なのだと思います。

 

一方、大人社会ではドレスコードというものが存在しており、ヒールはまだしもパンプスはこれの範囲なのではないかという反論もあります。男が会社に履いていく靴は革靴が普通で、ほとんどの会社ではこれは暗黙の了解レベルであるにせよ服務規程だと捉えられているはずです。革靴も蒸れるしスニーカーほど歩きやすくないので、パンプスが多少辛くても革靴と同じくらいのドレスコードというものではないかという反論です。

この反論が成り立つのは、男は革靴強制、女はヒール・パンプス強制 がドレスコードでありその辛さは革靴とパンプスでそれほど変わらないという前提が通った場合です。

 

3.パンプスの種類と辛さについて

パンプスを履いたことのない私のような男性はその種類もわかっていなかったので調べてみました。

おそらく、今回の話に合わせると以下の4種類に大別できるかと思います。

 

①ヒールが高い(甲のところに紐あり)

②ヒールが高い(甲のところに紐なし)

③ヒールが低い(甲のところに紐あり)

④ヒールが低い(甲のところに紐なし)

 

足が楽なのは③だと思います。

甲の部分が開いているのを紐で固定できる形であれば、かなり革靴に近い形で楽になりそうだと思います(これも実際のところは多くの女性に聞いてみないとわかりませんが)。

で、ヒール・パンプスの強制がこの③でも良いということであれば大体問題ないのではないかというのが私なりの結論です。

というか、個人的には冠婚葬祭のスタッフであっても“フォーマル”の定義に沿ったものであればなんでもよいのだと思っていて、それが女性の革靴でもローファーでもいいんじゃないかなー、と思っているのですが、これは世間一般と意識がかなり異なるようです。

いや、もう時代的に女性も革靴・ローファーで良くないですか?もしくはペッタンコの紐ありパンプスでも。

 

ついでに、男のほうも日本の気候に合わないスーツなんぞという文化はナシにしても良いのでは?良いのでは??と思いました。

 

以上。

営業部長の退職

キーマンの退職

営業部長の1人が退職しました。

この部長さんは社内の誰もが認めるキーマンで、これから先の会社全体の営業力に大きな影響を及ぼすものだと思います。

ここでは、以降この営業部長さんをKさん(もちろん仮名)と表記します。

そもそもこのKさんには去年の段階で割と理不尽な業務の割り当てがあり、その行方が心配されていました。常に営業目標を達成して新規顧客を開拓し、会社の売り上げに貢献してきた腕前を買われてか本業とは違う部署の部長も兼任させられていたのです。

どうやらそちらのほうは会社から与えられた目標を達成することは出来なかったようで、その不満もあってか転職ということになったそうです。

 

転職リスク

会社にいるといつも思うのですが、会社というのは社員が辞めそうかどうかについてかなりその動向を注意しているものだと思います。

特に新入社員などは稼いで貰う前に辞められては困るわけで、割と手厚く扱われます。

逆に、何十年もいてお給料ばかりあがるのに売り上げやスキルがそれについていかない人は会社での立場が悪くなったりリストラされたりします。

今回退職したKさんは会社の創業時からの生え抜きメンバーであり、その業績も輝かしいものだったと思います。出世コースという意味でもトップ。そんな彼に対して社長は“絶対に辞めない”という自信があったのでしょうか。

無理な業務をやらされて達成できない目標を与えられては、それまでどれだけ会社への忠誠心があっても、人は会社を見限る。

当たり前ですが、これが今回学んだことです。

キーマンが辞めて会社はまた一つよくない状況になりました。

もう2〜3人キーマンが抜けたら会社は本当にガタガタになるでしょう。

よくコンサルタントが使うパレートの法則(売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している、など)がありますが、Kさんは2割のほうの人間でした。もっと言えば、Kさんの下について成長していた人の数人が2割のほうにいるという“キーマン養成者”でもあったのです。

 

一度退職した人が戻ってくるということは滅多にないと思います。本当に必要な人材を辞めさせるような人事、プライドを折るような無理な目標。結局マイナスばかりでなんのプラスもありませんでした。

社長は本当にKさんが慣れない部署を率いてその業績目標を達成できると思っていたのか。直接社長に聞くこともできず、Kさんも辞めてしまった今、その経緯を確認することはできません。

Kさんの次の職場での活躍を祈るばかりです。

 

 

 

「マグニチュード7クラスの大地震が今後30年以内に発生する確率は最大で90%程度以上」とは結局どれくらいの確率なのか?

結論が特に見えないまま書き始めますが、NHKのツイートによると今後、日本海溝周辺ではM7クラスの地震が起きる確率が高いそうです。

 

f:id:houjichachang:20190512161317p:image

 

いや、すでに知っていますという話ではありますが。その確率がどれくらいかというのが題名に示した通り「今後30年以内に発生する確率は最大で90%程度以上」だそうです。で、結局どれくらいの確率なんだという。。30年以内というのもまた長い期間ですが、要は「おまえらが生きているうちに」ということなんでしょう。そして、確率のほうは「最大で90%程度以上」。。いや、わからん。確率を出すのに最大とか程度以上とかなんなんだそれは。

これだけ見ててもわからないのでNHKのHP(?)にある記事の詳細を見てみました。そこに書いている内容によると、日本海溝周辺といっても、領域ごとに大地震が起きる確率は異なる。ちなみにどの領域でもM9クラスの東日本大地震のような超巨大地震は今後30年で発生することはないと見ているらしい。“青森県東方沖および岩手県沖北部”や“宮城県沖”は90%程度、“茨城県沖”は80%程度などになっているそうです。

専門家としては東北地方でまた大きな地震が来る確率は非常に高く、いつ来てもおかしくない。ということだそうです。

結局、「最大で90%程度以上」の「最大」は地域によって異なる確率のなかでの最大でした。90%程度以上の「程度以上」についてはちょっとよくわかりませんが。90%程度かおよそ90%で良いのではという気もしますが。細かいことは置いておきましょう。

南海トラフ日本海溝もあって地震大国としてはいつ大規模の地震が起こってもおかしくない状態ですが、普通に最新の耐震構造の家に住めばよいのでは?とも思いますし、地震より前に少子化で国がシュリンクしてみんな死んじゃうよ?のほうが心配です。

フランス出羽守

一橋大学の法学部学生を名乗るツイッターアカウントが話題になっています。フランス帰りというそのアカウントのツイートはフランスと日本を比較しつつ、主に日本文化や日本男性を罵るツイートに溢れていて、これが炎上しています。

 

主なツイートはこちら。

 

f:id:houjichachang:20190511182012p:image

 

f:id:houjichachang:20190511170938p:image

 

そばをすする音が海外の人に不快なのは文化の違いとしてしょうがないとして、それを日本側が変えるべきだという内容。これは炎上するよなー、と思います。

また、日本の痴漢盗撮数やAV女優数などが世界一位でこんな国に住みたくないなどというツイートについては、元のデータが正しいかどうかもそうですが、このツイート自体が女性差別的であるという面があることを本人は気づいているのかどうか。あまりにも穴がある理論かつ個人的な恨みつらみをフランスではという他の国(おそらくそちらが先進的といいたいのであろう)との比較によって指摘してあげるというようなその姿勢から大炎上は当然の流れなのですが、おそらく本人はそれを狙ってやっているのでしょう。現在(5月11日)でもそのツイートの日本批判、日本男性批判は止まっていません。

私の考えでは、おそらく彼女は一橋大学の学生でもなく、また、フランス帰りでもないと思います。(行ったことくらいはあるかも知れませんが)。ツイートの内容で一橋大学に関するものがなく(学生でないから)、ツイートの内容も知性が感じられません。また、フランス帰りにしてはその内容が薄いように見えます。30〜40歳台くらいで容姿に恵まれず、男性からちやほやされることがなかった、かつ、高学歴ではないため学歴コンプレックスのある未婚女性がこのアカウントの実体ではないかと思っています。現実の社会では自己承認欲求が満たされずに一橋大学という高学歴やフランス帰りというマウントを取ることによって上から目線で自分を軽く見てきた日本と日本男性を罵りたいという可哀想な人なんだと思います。世の中にはこういった行為でガス抜きをしてなんとか現実社会の憂さを晴らそうという人が一定数いるのでしょう。犯罪行為に及ばないだけマシということでしょうか。

<ネットニュース>小学生Youtuberを見て思うこと

小学生Youtuberゆたぽんが話題になっています。実際のYoutubeを見ていない状態でとりあえず書いてみます。ネットやラジオなどでも話題になっていますが、TVでは取り上げられていないような気がしますが、これは私が平日のTVをあまり見ていないせいかも知れません。

ラジオなどで聞く話を簡単にまとめると、ゆたぽんは10歳くらいで、宿題やりたくないのをキッカケにして学校に行かなくなった。学校には行く必要はないと思っている、Youtubeで世界に発信してゆくゆくは子供だけのピースボートで世界を平和にしたいというそんな感じらしいです。あとは、Youtubeを通じて他の子も学校に行く必要はないと呼びかけているらしく、これもあってネットでの多くの声は否定的。学校は行っておいたほうが良いと思う、義務教育は大事という。私も同じ意見です。一方、無理に学校なんか行く必要はないという意見の人もいるようです。アハ体験の人とか。ゆたぽんには少し個性的なお父さんがいて、このお父さんに上手く利用されているのではないかという声もあります。普通に考えるとそういう風に見えますよね。

彼のYoutubeを見て、逆に登校するようになったという人たちもいるらしいという現状からこれから先どうなるか。ちょっと楽しみでもありますが、ゆたぽんの将来はやはり心配です。いや、人のお子さんだしどうでも良いといえば良いのですが。学校に行く権利を自ら放棄することである種の特別な人間(他とは違うという意味で。プラスとは限らない。)になれるとは思いますが、それが人生の幅を狭めてしまう可能性が高いです。

他と違うことは悪いことではない、良いことだという個性を重視した教育方針の行き着く先がこれだとすると、いや、やはりそれは子供のためにならないのでは?と思ってしまいます。生きていくうえでの知っておいたほうが良い読み書きそろばん、社会の仕組みなどをその道のプロ(先生)が教えてくれるという国が用意してくれたとてもおトクな場所、それが学校だと思います。Youtubeで発信は学校に行ったあとでもできると思います。ゆたぽんは学校に行っている友達がロボットに見えるということも言っているようですが、おそらく大人たち(私も含む)はゆたぽんのことがお父さんのロボットに

見えています。勿論本人は反論するかと思いますが。

ある特殊な考えに取り憑かれた一番身近な人間がいるというのは家族(親)が新興宗教にハマってしまった状態に似ていると思います。自分の指針になるべき親がそういう考え方なら子供もそれに大きな影響を受けます。お父さんは義務教育など人生の役に立たないという考えなのでしょう。それも1つの考え方かとは思いますが、実際には高卒か大卒かの違いだけで平均生涯年収は大きく違ってきます。このまま行くとゆたぽんはあと5年くらいで中学卒業の年になるかと思います。その頃までに学校以外で中学卒業程度の学力が身についていれば良いのですが。。その頃に学校に行く必要はないと言っても義務教育ではないので、「そうだね」というだけで話題にすらならないでしょう。むしろ学校に“行けない”人だという話になります。

大人になるとわかります。学校みたいにお客様の立場で行ける場所なんて楽なもんです。宿題をやりたくないだけで学校にいかないという子どもがそのまま大きくなっても一般社会でやっていけるのかな?と思ってしまいます。

この子の将来が良い方向に行くと良いと思います。

<会社>組織改革でうまくいった例なんてあるのか?

今まで会社では色々な改革が行われてきたのですが、うまくいったと思えるようなものはほぼありません。それらについて書いていきたいと思います。まず、一番失敗したと思われるのは売り上げをアップさせるためにサポート部門を大幅に縮小したことです。サポート部門を営業支援側に回しました。要は人員の割り振りを変えたということですが、これが大失敗。 営業が増え案件の数もそれなりに増えたものの、それを受けるほうの人員が足りずに既存のユーザも見込みユーザもどちらにも手が回っていない状態となってしまい、残業が多くなって仕事がキツくなった人が次々辞めていきました。いや、それよりも会社の雰囲気が営業重視、技術軽視になったことが耐えられなくなったのかも知れません。収入面(給料)についてはどうだったのかわかりませんが、少なくともアップということはなかったでしょう。

で、この組織改革、結局最後に元の組織体制に戻りました

社員が疲弊し、退職者が多く出て、売り上げも増えず、結局最後に元に戻すって何だよ!経営陣も色々考えてこうなったんだと思いますが、まー、明らかな失敗でしたね。この組織改革の失敗はその後の会社の状況にも大きな影響を及ぼしていったと思います。特に辞めていった技術側の人たちは会社に対して大きな不信感を持っていると思います。今でも。“会社の業績の伸びが悪いのは技術側の怠慢である”という経営陣のあの空気は今でも忘れません。あ、そういえば、降格とかもあったな。みせしめってやつですかね。あと年功序列よりも成果主義を導入するとかいうのも言ってました。ちなみに成果主義における判断基準は提示されず。一番ダメなパターンですね。富士通とか成果主義を取り入れた企業が次々に失敗したのを知らなかったのでしょうか。いや、知ってても自分たちはうまくやれると思ったのか。そんなわけないだろと思うのですが。

もし万が一会社の経営者や経営層に近い方がこれを読んでいたら、営業以外の部門での成果主義というのはよほどうまくやらないと大変なことになると思いますよ、ということを伝えたいです。よくも悪くもわかりやすい数字で結果が出る営業は別として、総務や技術などはその成果を測る基準自体を作ることそのものが困難です。成果主義という言葉を使った途端に、ボーナスが少ない多い、出世するしないの基準が成果にあるという見方を社員はします。その成果の基準が明確に示されずにボーナスなどが減らされたりすれば、大きな不満を抱くでしょう。会社で辞めていった人たちがそうだったのではないでしょうか。

残った人間も不満がないわけではなく、組織体制は元に戻ってもあの時の不満は忘れていません。何なら他の会社に移るのに特に未練はありません。会社に対する恩義や義理などというものは既に吹っ飛んでしまって、業務量と給与の兼ね合いで不満があればいつでも辞めたいと思っています。問題は転職先があるかというほうですね。

節約と収入について

節約に異常にこだわる人がいます。いわゆるポイントカードを絶対に無駄にせず、複数の店での数十円の差を見逃さず、ソフトバンクから吉野家の無料券が配布されたら数時間でも並ぶようなタイプです。

これらの人たちを見て思うのは、節約の本質を見失っているのではないかということです。

節約の本質は、支出を出来るだけ減らして実質的な収入を増やしたいということです。

手取り年収500万円で年間300万円使う人と手取り年収700万円で年間600万円使う人では、年収500万円の人のほうが年収は少ないのに貯蓄額が多いということになります。そして、家賃(ローン)、携帯電話の料金、車にかかるお金、子供の学費や習い事、衣料費などなど。年間300万円使う人でも、うまく節約すれば年間600万円使う人と同じレベルの生活を送ることができるかも知れません。その意味で節約が重要なことは言うまでもないのですが、行き過ぎた節約は本質を見誤るものだと思います。5円安い秋刀魚を買うために1km離れた別のスーパーに行く、割引クーポンを使うために1時間も並ぶ、100円のポイントを得るために2時間も自分の情報を打ち込むなど、、。

本人が好きでやっているぶんには何も問題ないのですが、かけた手間に見合った節約になっているかというと疑問です。1km離れたスーパーに行くのも数時間並ぶのも、その時間を他の事に使えばもっと有意義になることが多いでしょう。スキルアップのために本を読む、身体を鍛える、ストレッチをする、部屋の片付けをする、などなど。もっと良いと思うのは、その時間を使ってもっと直接的に収入をアップさせようとすることです。割りのいいセルフバックを行ったり、ポイントサイトでポイントを稼いだりなどです。節約にはある程度限度がありますが、本業とは別のやり方で収入を増やすのはやり方次第で限度はありません。

手取り年収500万円で年間300万円使う人、手取り年収700万円で年間600万円使う人、の他にも手取り年収500万円で年間350万円使うけど副業収入が50万円ある、というパターンもあるわけです。この場合、副業によって年間収入を50万円増やすことにより、貯蓄できる額を変えずに生活水準を50万円分アップできます。やほーい。言いたいことは、節約には限度があるけどそれよりは収入アップを目論む方が効率的&現実的なのでは?ということです。幸い今のネット社会では自宅にいながらにして時間効率の良い副収入が得られる手段が多くあります。フリマアプリで不用品を売るもよし、割りのいいセルフバックを行うもよし、ランサーズなどに登録して副業するもよし、いずれにしても5円か10円のために1km離れたところに買い物に行くよりも効率良く収入をアップできるかと思います。

では。